ラベル

event (8) release (10) tour (5)

2020年3月25日水曜日

Gale Boetticher / S/T (7")

Gale Boetticher / S/T (7")



format - 7inch + DL code
release date - 5/13(Wed)
item code - ir10
price - ¥1,200 + tax

over head kick girlの橋本を中心に結成され、THE SLEEPING AIDES & RAZORBLADES, The Roofdogsという次世代札幌パンクシーンを担うメンバーが集結!要注目新鋭バンド"Gale Boetticher(ゲイル・ベティカー)"待望の初作品3曲入り7インチがついに完成。

新感覚のメロディックパンクを鳴らす"Gale Boetticher"初となる作品は、デモ音源として録音していたトラックを当レーベルが惚れ、やや強引に7インチ化に向けて製作した1枚だ。多方面から支持されているメンバーであることは言うまでもなく、結成当初から注目されていただけに待望のデビュー音源となった。冒頭の流麗なギターで聴き手を一瞬で引き込む。90's EMOの影響を感じさせつつ予測不能な展開で一気にバースト。彼らの土台となっているラフメロディックチューンかと思いきや、オルタナティブでラウドな一面を覗かせる。bloodthirsty butchers的アプローチをも瞬間的に連想させるあたり、やはり一筋縄ではいかない。影響を公言するDead Broke Rekerds周辺のラフメロディックとエモーショナルな面を見事に抽出して落とし込んだ。そしてリード曲となるB面「Do Anything」こそ真骨頂なのだろう。ポイントとなる疾走感とシンガロングパート、内向的でサッドな面、そして冷静に爆発する至高のメロディックパンクとして仕上がっており、とてもデビュー作とは思えないクオリティだ。具体的なコンセプトを掲げて結成したわけではないし、自然な流れの中で結成されたバンドかつ曲者の集まりなので"とっつきやすさ"は無いが、内容は保証する。やや強引にリリースまでこぎつけた理由がコレ。アートワークには鈴木侑馬(OFFICE VOIDS/POSTER/Haus/ENDLESS HOMEWORK)を起用。全3曲入り。 

【プロフィール】
2017年の冬、当時上京していた橋本は逃げるように札幌へUターン。シーンで絶大な支持を受けながらも、バンドをやらずゲームに明け暮れる日々が続く。そんな怠惰な生活を送っている中、THE SAARの秋栃に尻を叩かれバンド活動を再開。そしてそのまま秋栃もメンバーとして勧誘、さらにはNobody Celebrates My Birthdayの三浦が参加する形で活動を開始。重い腰が上がらず悶々とした活動が続くが、起爆剤としてThe Roofdogsの服部が加入。その勢いでデモをレコーディングするも一度頓挫し、ドラムの三浦は脱退、現在はThe Roofdogsの佐藤が加入して再始動。 


[お取り扱い店舗]
A-Z(愛知)
BASE
DIGDIG(岡山)
disk union(各店)
FLAKE RECORDS(大阪)
HOLIDAY! RECORDS(大阪)
LIKE A FOOL RECORDS
Mothperdicio Tapes Distro(宮城)
NAT records
Pajammin Distro(大阪)
PUNK AND DESTROY(大阪)
SOULMINE Mega Mart
SP Records(島根)

teenarama!(札幌)
unk DISTRO(青森)

urban sleep discs(奄美大島)
Waterslide Records
whereisyourroom(富山)



----- 

imakinn records presents 
-Gale Boetticher 1st 7inch release party in Tokyo-
2020/5/16(Sat) at Nishiogikubo FLAT 

-Gale Boetticher 
-control 
-Haus 
-SAGOSAID 
-shipyards 
-The Sleeping Aides & Razorblades 
-WETNAP 
-What goes up(shipyards/Horse&Deer/ex-Leeway) 

 adv. ¥2300+1D / op:TBA 

 ----- 

-Gale Boetticher 1st 7inch release party in Sapporo-
 2020/5/9(Sat) at Maruyama REVOLVER 

-WETNAP (Tokyo) 
-Two layers of paint
-deerafter 
-Gale Boetticher 
and more...

adv. ¥1500 / door ¥2000 (+1D) 
OPEN 19:30 / START 20:00 



----- 

前売り予約、問い合わせ等は以下のアドレスへ↓
imakinnrecords[at]gmail.com
(atを@へ変更して送信してください。)
または、各バンドへお願い致します。

2020年2月12日水曜日

ache - Tired EP

ache / Tired EP (CD)



format -CD (歌詞対訳付/国内盤)
release date - 3/4(Wed)
item code - LEAF17 / ir09
price - ¥1,000 + tax


独創的な個性を放つバンドが多数犇めくインドネシア・パンクシーンに現れた次世代メロディックパンクの新鋭。Jawbreaker/starmarket/The Weakerthansの血を脈々と受け継ぐ4人組"ache"による5曲入りデビューEPがジャパニーズエディションCD(歌詞対訳付き/リマスター済/ボーナストラック追加収録)として登場! 

彼らは、MARJINALでお馴染みのジャカルタに隣接し、パンク/ハードコアシーンが非常に活発な"タンゲラン"という都市で結成された。eleventwelfthやrejected kidsのメンバーが在籍し、現地のシーンを支えるRizkan Recordsオーナーがボーカルを務めている。インターネットが普及し突然変異的に現れるバンドも多数存在しており、ご多分に漏れず"ache"もネット世代ど真ん中。瑞々しくも泥臭く疾走するサウンドが実に痛快で、90's emo直系なギターワークで見せるサッドな一面、拭い切れない「いなたさ」までメロディックパンクファンの琴線に触れる素晴らしい内容に仕上がっている。奄美大島に拠点を移しながらも精力的に活動を続けるurban sleep discsと、Chinese Footballの招聘/リリース等で知られるimakinn recordsとの共同リリース。


2019年8月7日水曜日

Chinese Football / continue? (CD)

Chinese Football / continue? (CD)



format -CD (歌詞対訳付/国内盤)
release date - 9/11(Wed)
item code - ir-08
price - ¥1,200 + tax




アジア・エモ/インディーシーンの旗手、CHISNESE FOOTBALL (チャイニーズフットボール)。33か所にも及ぶ中国ツアー、大盛況で幕を閉じた日本ツアー、そしてamerican footballとの夢の共演、話題に事欠かない彼らによる待望の最新作は5曲入りミニアルバム 

もはや説明不要のバンドへと成長し、さらなる飛躍を遂げる中国・武漢出身のエモ/インディーロックバンド"CHINESE FOOTBALL"。衝撃の1stアルバム、2017年作「Here comes a new challenger!!!」に加え、3度の日本ツアーで着実にファンを獲得。インパクトのあるバンド名で敬遠されがちではあるが、精力的な音楽活動、説得力のあるサウンド、演奏力の高さで見る者を魅了し続けている。そして、エモ・レジェンド"american football"と共演というニュースは誰もが驚いただろう。今作は、メンバーそれぞれの拠点が離れる中で制作された一枚。優しい響きのボーカルと、浮遊感漂う柔らかなアルペジオが美しい表題曲「コンティニュー」。中心メンバー徐波(Gt/Vo)のメロディセンスが爆発、ノスタルジックで涙腺を刺激するギターの絡みと、バンドの真骨頂ともいえるドラマティックな展開が素晴らしい「漂流人間」。キラーチューン「家犬日記」は、超が付くほどキャッチーなリフと、爽やかで程よい疾走感も◎。隅から隅までチャイフト節が光る渾身の全5曲だ。パンク、エモという背景を持ちながら、独自のサウンドを追及する彼らに今後も注目。歌詞対訳付き。

1. コンティニュー
2. 漂流人間
3. 冒険島
4. 家犬日記
5. 怪獣

2019年5月15日水曜日

CHINESE FOOTBALL Japan Tour 2019

imakinn records presents
CHINESE FOOTBALL Japan Tour 2019



 


 

各公演の前売り予約、問い合わせ等は以下のアドレスへ↓
imakinnrecords@gmail.com
または、各バンド各ライブハウスへお願い致します。

予約確認のメールを返信致しますので、
imakinnrecords@gmail.comからのメールを受信可能にしておいて下さい。

---tour schedule---

7/19(Fri) @nano, Nijo, Kyoto
[supported by knzw] 

-CHINESE FOOTBALL (from China)
-e;in
-cetow
-nihon alps
-sunday morning bell

Open 17:30 | Start 18:00
Adv.¥2,300 | Door ¥2,800

*info 
knzw 
e;in
nano

----------

7/20(Sat) @RIPPLE, Nagoya(Tsurumai), Aichi
[supported by Crows Caw Loudly+Emitation]

-CHINESE FOOTBALL (from China)
-Crows Caw Loudly
-Emitation

Open 19:30 | Start 20:00
Adv.¥2,500(1d込み) | Door ¥3,000(1d込み)

※キャパシティの関係上、予約は40名で締め切らせていただきます。

----------

7/21(Sun) @LUSH, Shibuya, Tokyo

-CHINESE FOOTBALL (from China)
-MIRROR
-shipyards
-Haus (members of OFFICE VOIDS, shipyards, SUPER DUMB, V/ACATION and 2 sick worry)
-by the end of summer (Kyoto)

Open 16:30 | Start 17:00 
Adv. ¥3,000
| Door ¥3,500

e+ 購入ページ
ローソンチケット Lコード:75464

*info 
shipyards
LUSH

----------

7/23(Tue) @FEVER, Shindaita, Tokyo

[TOUR FINAL]
-CHINESE FOOTBALL (from China)
-The Firewood Project 
-OWEN

DJ SHOCHANG (HIGHLIFE HEAVEN)
 
Open 18:30 | Start 19:00 
Adv. ¥3,500
| Door ¥4,000 

e+ 購入ページ
ローソンチケット Lコード:75366
チケットぴあ Pコード:153-585

*info 
& records presents
OWEN Japan Tour 2019

7/22(月)
@西永福 JAM(03-6304-7012)
出演:OWEN、Ryo Hamamoto The Band、The Firewood Project (acoustic set)
open 6:30pm / start 7:00pm
4,000円 (adv.) / 4,500円 (door)

7/24(水)
@京都 UrBANGUILD(075-212-1125)
出演:OWEN、Ryo Hamamoto The Band、The Firewood Project (acoustic set)
open 6:30pm / start 7:00pm
3,800円 (adv.) / 4,300円 (door)

http://www.andrecords.jp/blog/shows/owen-japan-tour-2019/

2019年1月9日水曜日

control / letter never sent (7")

control / letter never sent (7")




format - 7inch + DL code
release date - 3/20(Wed)
item code - ir-07
price - ¥1,200 + tax

次世代を担う新鋭DCインフルエンス・メロディックハードコアバンド”control”。各地で話題となったテープ以降初となる音源は4曲入り7インチ!revolution summer系譜を受け継ぎ、新たな幕開けを感じさせる渾身の作品。



2011年、大学在学中に京都にて結成。2015年の上京を機に活動は加速。定期的に行われる自主企画ではelicaやShipyards, falls, by the end of summer, bows, don karnage, DAIEI SPRAYなどを招致。活動の幅は広く、各地で支持される存在となっている。

最も影響を受け、核の部分になったのはDCサウンド。RITES OF SPRING, ONE LAST WISH, RAIN, DAG NASTY等…所謂revolution summer期に活動していたバンドたち。そこにVERMIN SCUM RECORDSのTHE HATED, MOSS ICON、ebullitionのfuel, admiral、シーン先達のsalt of life, the lions, suffering from a caseといった「エモーティブ」「激」「メロディアス」が混在したバンドへの憧れを凝縮して彼らなりに再構築。前作の疾走感は損なわずに、彼らの特徴ともいうべくアグレッシブなプレイと絶妙に耳に残るメロディを見事にパッケージングした快作に仕上がった。
全4曲収録。完全手刷りDIYジャケット。

録音:板橋孝浩(V/ACATION, DIEGO)
プロデューサー:篠沢幸一(Shipyards, V/ACATION)

[取扱い店舗]
after works distro (福島)
BASE
Cabbage Case (徳島)
DIG DIG (岡山)
disk union (東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪)
EGYPT RECORDS (大阪)
FILE UNDER (名古屋)
LIKE A FOOL RECORDS
LongLegs LongArms
MISERY (広島)
my fever was precious (秋田)
Pajammin Distro (大阪)
SP RECORDS (島根)
WATERSLIDE RECORDS
with one accord (京都)

--------------------


imakinn records & control presents

-control 1st 7inch「letter never sent」release party in Tokyo-

designed by Yuma Suzuki (OFFICE VOIDS/POSTER/ENDLESS HOMEWORK)

2019/2/23(Sat) at Nishiogikubo FLAT

・Open 17:30 / Start 18:00
・Adv. 2,000 + 1drink / Door 2,500 + 1drink


-control
-Hi,how are you?
-OFFICE VOIDS
-Revolution for Her Smile(岡山)
-Shipyards

前売り予約、問い合わせ等は以下のアドレスへ↓
imakinnrecords[at]gmail.com
(atを@へ変更して送信してください。)
または、各バンドへお願い致します。

2018年6月14日木曜日

DON KARNAGE 1st Album 「reminiscence」 release party in Tokyo

imakinn records presents

-DON KARNAGE 1st Album 「reminiscence」 release party in Tokyo -


designed by Yuma Suzuki (OFFICE VOIDS/POSTER/ENDLESS HOMEWORK)

2018/7/14(Sat) at Shimokitazawa THREE

・Open 17:30 / Start 18:00
・Adv. 2,000 + 1drink / Door 2,500 + 1drink


-DON KARNAGE (Sapporo)
-akutagawa
-control
-Fredelica
-V/ACATION

前売り予約、問い合わせ等は以下のアドレスへ↓
imakinnrecords[at]gmail.com
(atを@へ変更して送信してください。)
または、各バンドへお願い致します。